高速学習

IT授業は、t-PODによる映像授業を駆使した革新的な勉強法です。
1991年の衛星授業スタート以来、18年間にわたる映像授業のノウハウを結集した東進衛星予備校の授業です。
※t-PODとは……「toshin-Preparatory school On Demand」の略。
単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・講座修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる、最先端の教育システムのことです。
レベル・目標に合わせられる!

東進衛星予備校の授業はおよそ1万種類。 そのすべての授業をt-PODにより映像配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。 やる気になったときにすぐに始められ、理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講したり自由自在。たとえば高2の夏までに受験に必要な全科目の全範囲を修了し、秋から1年半かけて志望校レベルの実践的な勉強や受験を超えた大学教養レベルの学習をすることもできます。

毎日授業を受けられる!

従来の予備校は、毎週1回の授業で、第2講は第1の1週間後、第3講は2週間後・・・と続きます。しかし、映像授業を駆使した東進衛星予備校のIT授業なら、今日は第1講、明日は第2講・・・と、1年分の授業を1ヵ月程度で集中して受講・終了するという学習スタイルが可能です。

他の予備校との比較 90分を有効に使える!

t-PODで受講すれば、授業の音声が音飛びしない状態で1.4倍のスピード再生をすることができます。90分の授業を1.4倍速で受講すれば約65分で講義が終了。残りの25分は、わからない箇所を聞き直したり、その日の問題演習に使うなど、時間を有効活用することができます。



1.4倍速受講のススメ
1.5倍速というスピードで適度な付加をかけられると、脳が活性化し集中力が高まります。そのため、通常のスピード授業を受けたときよりも記憶と理解が進み、効果的な学習が可能となるのです。90分を自在に使えるというだけでなく、このような点からも1.5倍速受講を推奨しています。
高速学習はこんな事ができる!
t-POD受講システム
t-PODとは、「Toshin-Preparatory school On Demand」 の略。インターネットを介して、見たい時にいつでも映像を見られる、最先端の教育システムです。
「校舎が開いていない早朝に勉強したい」「今日は外出できないけど受講したい」「自宅で自習中に疑問点が出てきた。もう一度授業で確認したい」……そんな時、東進のt-PODなら自宅のパソコンから受講でき、さらに「確認テスト」や「講座修了判定テスト」までも校舎と同じように受験できます。
また、やる気が出た瞬間を逃さず、すき間時間も有効活用できるよう、タブレットやスマートフォンでの受講にも対応しています(※)。
理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講したりと、自分のレベルや目標に応じた学習ができるt-POD。このt-PODでの自宅受講と校舎受講とを上手に組み合わせることで、理解も進み、定着度も高いカリキュラムが可能になります。
自宅で簡単に授業を受けられる!
※自宅受講のためには、要件を満たす機器(パソコン・iOS搭載端末・Android搭載端末)を利用し、通信環境の設定を各自で行っていただく必要があります。マッキントッシュやインターネット接続機能を搭載したTVなどでの動作は保証できかねますのでご注意ください。最新の対応状況は、東進学力POSトップページより推奨動作環境をご確認ください。