松尾学院 四谷大塚NETの特徴

3つの学習の柱…「教材」「指導」「評価」

教材

「予習シリーズ」は四谷大塚の教科書です。「四谷大塚」のすべての学習は、「予習シリーズ」のこのカリキュラムをベースに進められます。
「予習シリーズ」には、好奇心を刺激するカラー写真、オリジナルのイラストを豊富に用いた解説とともに、1つ解くことで周辺問題も解けるような、本当の意味での”いい問題”が収録されております。
”学習予定表”に沿って1週間単位で区切られた学習を行うことにより、中学受験に必要な学力が無理なく身に付きます。

学習指導

「授業」は、「予習シリーズ」の学習内容を着実な理解につなげるためのものです。
超難関校の合格を目指すクラスから、基本を確実に身につけるクラスまで、お子さま一人ひとりに合わせた学力別のクラス編成を行っています。
各教科の講師陣がポイントを分かりやすく、やさしくていねいに指導します。

学力評価

四谷大塚では、「テスト」は学習を身に付けるために、なくてはならないものと位置づけています。
毎週の「テスト」では、「予習シリーズ」で学んだ1週間の学習内容を確認し、自分がどの程度理解できているのかを、確実にチェックします。
さらに「テスト」後24時間以内にスピード返却する結果をもとに「解説IT授業」を利用して再復習することで、学んだことをしっかりと自分の学力にできるのです。

インターネットを使った最新の学習システム

予習ナビ

その週の予習シリーズの学習範囲を、ご自宅のパソコンで毎週月曜から受講できます。
「家で一人で予習をしていたらわからないところが出てきた」もしくは、「自信がなかったあの単元にもう一度チャレンジしたい」その他、「欠席して授業を受けることが出来なかった」という時にぴったりなシステムです。
1教科あたりの授業時間は、50分~120分程度。授業は、解説授業と問題演習を組み合わせて進みます。
受講するお子さまの学力レベルに合わせた授業を四谷大塚の講師が行うため、とてもわかりやすく、授業映像を止めて何度でも繰り返し再生しながら、理解できるまで学習することができます。
また通常の1.4倍でのスピード再生も可能なので、どうしても学習時間を確保することが難しい場合でも、通常60分の授業を約40分に短縮して受講することが可能です。
※予習ナビは、正会員・週テスト会員・準会員でお申し込みいただいた方が受講可能です。

予習ナビ

インターネットを使った最新の学習システム

復習ナビ

「週テスト」は、自分の学力を理解する上で不可欠なテストです。
しかしそれ以上に大切なのが、テスト後の復習。「テストで間違えた部分を復習する」この繰り返しが、学力アップの最短距離だからです。
こうした学習習慣を強力にサポートするのが「復習ナビ」です。
お子さまが受験した「週テスト」の採点済み答案は、インターネット上で返却されます。「採点済み答案閲覧」の画面から「復習ナビ」の画面に進むと、間違えてしまった問題の中で、重要な問題から順番に「解説授業」が始まります。
1人ひとりのお子さまに最適な復習順序を提示しますので、効率的な復習が可能です。

復習ナビ

インターネットを使った最新の学習システム

高速基礎マスター

お子さまの基礎学力の定着と強化を目的に開発された「高速基礎マスター」。
算数と国語の主要2科目の学習トレーニングコンテンツです。
お子さまが1人でいつでも取り組むことができ、少しずつステージをクリアしていくうちに確実に基礎学力が向上していきます。

算数
計算トレーニング、一行問題トレーニングの2種類、それぞれ初級・中級・上級とランクがあり、各ランクで最大50のステージを設置しています。
国語
読解基礎トレーニング。初級・中級・上級のランクがあり、各ランク5つのステージを設置しています。
高速基礎マスター

首都圏の受験生のおよそ2人に1人が学習するベストセラー 四谷大塚の「予習シリーズ」

子どもたちの学力を本当に高める「学習シリーズ」のらせん型カリキュラム

一つの分野の学習を段階的に学習することにより、学習内容を振り返りながら、基本の理解と定着を図り応用力を身につけます。
算数であれば、4年生のときにある問題を解くひとつの方法を学んだとします。すると「予習シリーズ」では5年生になって同様の問題を「別の方法で解く」ことを学びます。子どもたちは、「アレ、これは前に習ったぞ」と思い出すと同時に、答えを見つける方法はひとつでないことを知り、以前習った内容をもっと深く理解できるようになるわけです。
このように算・国・理・社のすべての分野でらせん型にカリキュラムが組まれ、それに沿った学習を繰り返し続けることで、問題を解くための「自ら考える力」を自然と身につけることができるのです。

四谷大塚独自の工夫がいっぱいの教材

算数は、掲載しているすべての問題に「詳細な解説」を載せてあります。考え方や解き方につまずいたときにも、解説を読んで、しっかり理解することができます。
国語では、最近の入試問題によく見られる「記述式」問題への対応を4年生の段階からしっかりと行います。
理科・社会では、カラー写真やカラーイラストが豊富に並んでいます。イラストは一点一点描き起こしたオリジナル。「これはなんだろう?」と、思わず興味をそそられるはずです。

子どもの気持ちをよく知っている先生が執筆

「予習シリーズ」を執筆しているのは、四谷大塚で実際に子どもたちの前に立ち、毎日学習指導している先生です。
子どもたちが身を乗り出すテーマは何か、どのような順番で教えれば最も理解しやすいのか。学習指導の現場の空気を、教材に反映させています。

繰り返し学ぶことで知識がしっかり身につく

「予習シリーズ」のカリキュラムは5週に一度「総合」の回が設けられ、それまでに学んだ前4週分の復習をします。
学習内容を繰り返すことで、知識を確実に定着させます。

▲ PAGE TOP